iPhoneでゲーム実況するのに必要なおすすめ機材とやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

https://lh3.googleusercontent.com/pw/ACtC-3ek6T5Ls9tuvXx2909DDDMSGS4Ta28QAxVrNtjbvOM6VP7w8VOCzdRrjx8FJgdz0D1N5G2t3eeu1fLAk-cBCcD8Z-r4-vbIkKjc7lp8GOZDB2yAkZj1wxEhIZJIA5fnXqIwTm7HAtzXjT69eZoQ1jcP=w800-h450-no?authuser=0

手軽にゲーム実況を始めるならiPhoneでしょ!
ってことで、iPhoneの画面をキャプチャするおすすめの機材と使い方を紹介します
iPhoneでゲーム実況を始めたいけどどの機材を買えばいいかわからない方必見です

録画する環境

iPhoneの画面をキャプチャーする方法はいくつか存在します

iPhone単体での録画や、無線を使った方法などありますが安定性にがなく、録画ミスが起こる可能性があります

基本的にはPCを使い、優先で接続することをおすすめします

今回紹介する環境は実際に私がゲーム実況を録画している環境になります
今まで26本の動画、それ以上のボツ動画も含めて1度も録画ミスはなかったので信頼できる安定性だと言えます

必要な機材

ではキャプチャーに必要な機材の紹介です
必要なものは

  • キャプチャーボード
  • Lightning - Digital AVアダプタ

これだけ!

iPhoneとかHDMIケーブルも必要だけどそれは大丈夫だよね

Lightning - Digital AVアダプタはApple純正のものをおすすめします
ちょっと値段が高いけど不具合とかを考えると純正品が大安定です

おすすめのキャプボ

キャプチャーボードのおすすめは

AVerMedia Live Gamer HD 2 C988

こちらの商品はPCI Expressで接続するPCも内蔵型のキャプチャーボードです

この商品のすごいところはドライバ不要で動作します!
これが本当にすごい!PCに差すだけでOKなんです

この手の商品はドライバー入れてー、相性問題ガー、ってのが必ずと行っていいほどありました

以前使っていたキャプチャーボードのSKNET MonsterXXを使っていましたが相性問題でまともにキャプチャーすることができませんでした

接続も、C988ーAVアダプターiPhoneでOKです

PCとの接続はPCI Express x1 Gen2が必要になります
マザーボードが対応しているか確認してから購入するのをおすすめします

接続が済んだらお好きな録画ソフトを使ってゲーム画面をキャプチャーするだけ!

私はキャプチャーソフトに同じくAVerMediaのRECentralを使用してます

接続はHDMIなのでiPhoneだけでなくPS4やSwitchでも大丈夫ですよ!

RECentralの録画のやり方

録画やり方はとても簡単です 録画の画質を選んでRECボタンを押すだけです

PCスペックが低い場合は設定を落とすと解決する場合があります
試してみてください

RECentralは配信もできるので配信もしたいって人にも向いてます
私は使ったことないですが・・・

HDMIのキャプチャだけでなくデスクトップキャプチャも可能なのでPCゲームの録画もできます
このソフトがあれば困ることはないと思います

iPhoneのキャプチャーですがRECentralの設定でHDCPをオフにする必要があるので注意です

おわりに:キャプボならAVerMedia Live Gamer HD 2 C988で決まり!

キャプチャーボードの値段は約2万円と高価なものなので失敗したくないですよね
製品、ソフトともに使いやすく安定しています
間違いなくおすすめできる商品です
キャプチャーボードならAVerMedia Live Gamer HD 2 C988で決まり!